人気ブログランキング |

和食の盛り付け

レッスンレポートです。4月応用科Bのレッスンでは和食についてを学んでいただいております。和食の成り立ち、歴史の座学と和食の盛り付けの実践レッスンです。
和食の盛り付け_f0306287_19314953.jpg
チラシ盛り 
お料理一つずつを独立させてそれぞれを引き立てる盛り付け方です。お刺身などにも適しています。
和食の盛り付け_f0306287_19321177.jpg
杉盛り
杉のそびえるように中央を高く盛り付ける方法で和え物などを盛り付ける時に適しています。
和食の盛り付け_f0306287_19332172.jpg
寄せ盛り
食材をよせ合わせる方法で炊き合わせなどに適しています。
和食の盛り付け_f0306287_19353617.jpg
それぞれの盛り付けにはコツがあり、そのコツをお伝えしました。和食ならではの盛り付けには笹の葉や葉蘭、裏白などの敷物「かいしき」。お料理に添え物は花枝や紅葉、菊花など。トッピングは天盛りといい相性と香りのよいものを選びます。季節を十分に盛り込むのが最大の特徴です。使う器にも心を配りもてなしが完成します。応用科Bでは五節供と日本の行事、それぞれの行事食を学びます。奥深い和食の世界を学んでいただいております。
和食の盛り付け_f0306287_19343477.jpg
作る方が丹精込めれば、いただく方も礼をもって・・。その両方の礼節を説いたのが「永平寺」曹洞宗開祖の道元禅師です。いただく方の心得「赴粥飯法」と作る方の心得「典座教訓」を書きました。レッスンでは教訓の基本についてもお伝えしています。
和食の盛り付け_f0306287_19360604.jpg
桜シーズンでしたので生八つ橋もピンクにしました。
テーブルコーディネート、大きくは食環境を整えることですが、食に関する小さな積み重ねを楽しむことも大切です。中身の詰まった和食を伝えられるよう、精進のみ!(^^)!
The Table“ALICE”
facebook

by happylife525 | 2017-04-21 20:18 | レッスン | Comments(0)

*お花・お料理・テーブルの日々*


by happylife525